飯谷山・鳥屋山('24.5)



山名飯谷山・鳥屋山
地域福島
標高783m/581m
登山日2024年5月5日
天候
備考会津の3低山。
新うつくしま100名山

    ルートへ
    山行記へ
    山の写真へ

    山ある記Topへ



    ルート

    飯谷山 車道出合下〜飯谷神社奥ノ院〜飯谷山山頂〜車道出合上〜車道出合下
    鳥屋山 鳥屋山登山者駐車場〜漆窪登山口〜第1見晴台〜第2見晴台(太夫岳)〜鳥屋山山頂〜第2見晴台 〜第1見晴台〜漆窪登山口〜鳥屋山登山者駐車場

    飯谷山 累積標高差:約380m コースタイム:2時間
    鳥屋山 累積標高差:約600m コースタイム:4時間

    山行記


    第1日

     GW終盤、長男に声を掛けたら付き合ってくれるというので会津の低山歩きをすることに。こどもの日の朝、 7時前に自宅を出発して長男のアパートへを経由しながら一つ目の山、飯谷山の登山口へ。登山口の手前から 歩いている方がいるうえに、登山口前の駐車スペースには先客もいて5台ほどの駐車スペースは後続の車と 共に満車。ずいぶん賑わっているなと思ったら、この日が山開きでふもとから歩く方含めて多くの方が 訪れていたようでした。去年もGWに訪れた登山口ですが、その時はパンクによりJAFのお世話になっただけで 帰ることになってしまってました。今年は9時過ぎに無事に出発。明るい林の中の道をしばらく歩いてから登りが はじまります。そこそこ急なところもありつつ、1時間ほど歩くと山頂。山頂の手前に展望案内なる看板があった のですが、山頂は木々の合間から磐梯山方面と飯豊山がそれぞれ何とか見えるくらいで、大展望という感じでは ありませんでした。長男、看板詐欺だと不満げでございました(笑)。

     山頂の証拠写真を撮ったくらいで早々に下山開始。下り始めがなかなか急で落ち葉もあるので滑りやすい 道でした。落ち葉で踏み跡もよく分かりませんでしたが、ピンクリボンがかなりたくさんあって迷わないように してくれてました。少し下ったところで柳津町内と磐梯山がよく見えるスポットがあり、展望を楽しむ方も 結構いらっしゃいました。飯谷山では一番展望の良いとこですね。その後は林の道をしばし歩いた後、 最後の10分は車道を歩いて車に帰還。2時間弱のハイキングでした。続けて喜多方にある2座目の鳥屋山に行くべく 移動です。途中で磯舟食堂に寄ってお昼御飯・・ここも去年訪れたとこで2度目。長男が海鮮ラーメンなる 高いのを頼んで満足気だった。昼ご飯を食べても飯谷山の登山口から1時間ちょっとで鳥屋山の登山口に到着、 近いですね。車を止めたのは集会所のようなところにある駐車場で、鳥屋山登山者用駐車場の看板がありました。 先客は1台で車道歩きからのスタート。この日、妻は日山でソロ歩きデビューしていて、道が大丈夫かといった LINEが来たりもしてました。ヤマレコアプリで事前に地図をダウンロードし準備ばっちり、無事に歩けたよう。 次男がテニス部の高校最後の試合があって会津には来れなかった妻ですが、同日に別の場所で山を歩く日が 来るとは思わなかったですねぇ。

     さて、こちらは車道を15分ほど歩いていくと再び登山口の駐車場が現れ、2台の車も止まってました。 駐車スペースも広く、ここに止めれば良かったなと長男と話したものの手遅れ。2つ目の駐車場から畑の 横みたいな道を少し歩くと登山道が始まる感じでした。飯谷山よりは草木が茂っている感じで見通しも悪い 雰囲気なので長男がクマが出そう、熊鈴をしっかり鳴らせとブツブツ。そんなクマを気にする奴だったかなと 思うも、今年も出没のニュースが多くて気にはなりますね。。個人的には雰囲気的にはそこまで鬱蒼としている 感じもないし、他に歩いている方もいて会津の山を一人ぼっちで歩いてる時よりはだいぶ気分的にましでしたが。 フジやスミレが咲く登山道を歩いていくとカタクリの群生地も出てくるのですが、残念ながら完全に終わって ました。鳥屋山はカタクリ咲く4月の中旬が山開き日のようで、一番賑わう時期でもあるんでしょうね。 上部の登山口から30分ほど林道と駐車している車が現れました。ここにはどうやってきたらいいのかよく分からない 道ですが、最初に先客1台で人いなそうと思ったのに対してはそれなりに賑わっていて良かったです。

     ここからはほどなく第1見晴台に到着。一方向開けているところがあるんですが、飯豊も見えないので 展望台としては今一つでありました。ここからは多少のアップダウンはありつつも山頂までなだらかな尾根道を 歩く道なので歩き易く、時折出てくる展望や第2見晴台からの飯豊連峰の眺めと森林浴を楽しみながら歩いて 鳥屋山山頂へ。鳥屋山の山頂は飯豊方面だけでなく、磐梯山方面や奥会津方面も見え、展望の良いとこでした。 山頂でのんびり展望を楽しみたかったのですが・・・ハエっぽい虫が沢山寄ってきてうるさくてしょうがない、、 結局落ち着いて展望を楽しむことは出来ずに下山を始めたのでありました。また、お茶を持って行く量が少なく、 下山途中で枯渇、街中では30℃になるような暑い日だったので準備不足でしたね。そんなこともありましたが、 15時頃に無事に下山。2つ合わせるとそれなりの距離歩いたのでGW中盤の山歩きの疲れが抜けてない私だけでなく、 長男も疲れたようでしたね。

     下山後、会津若松に戻る途中でアイスとレモン飲料を補給・・暑い日には余暇でした。夜、長男のアパートから 歩いていける居酒屋を探して太平楽さんを訪問、馬刺しや会津地鶏の焼き鳥、会津の山菜の天ぷらに、 会津の地酒と地物が豊富で美味しい、いいとこでした。飲んでいる時間にちょうどやっていたはずのベスコン グルメという、歩いてからビールと名物料理を食べる番組がありますが、こっちの方がベスコンだろうと 一人ご満悦でございました(笑)。長男が酒を飲めるようになったらまた一緒に飲みにいきたい店に。 この日は長男のアパートで寝袋にくるまって寝た後、翌朝早々に郡山に戻ったのでありました。去年と違い、 いろいろ歩き、食べ、最後に去年歩きそこねた飯谷山も行けたし、いいGWでした〜。10日もあったGWもあっという間に 終了した気分、充電したのが仕事始まるとあっという間に放電してエネルギー不足なってしまう持ちの悪さが 改善する日は来ない??

    2024.5.26記

山ある記Topへ
Topへ